FQTMmagazine vol.0

編集長フクタミがおおくりします。

本場フィリピンローカルパーティーに行ったけど180分も待った話

 

本場ローカルパーティーに招待されたので行ってきたけど180分も待った話。

 

f:id:mizukifukuda08:20160821014547j:plain

 

語学学校の英語の先生の息子の3歳の誕生日パーティーにお呼ばれした。

フィリピンではこどもの誕生日は、日本以上にとても大切にお祝いする。

近所の人や子供たち、知り合いをたくさん呼んで・・・。

親は誕生日の何か月も前から貯金をして、当日はけっこう無理をしてでも盛大にお祝いするものらしい。

 

もともとパーティーもお祭りも大好きなフィリピンの人たち。

こうした誕生日パーティー以外にも、地域ごとに月末に『フィエスタ』と呼ばれるお祭りがわんさか開かれていて、たとえそこに住んでいなくとも気軽に招待してくれる。

f:id:mizukifukuda08:20160821014544j:plain

 他の先生と待ち合わせして、30分前に到着。

パーティーの開始時刻は3時。写真に写ってる一緒に来た私たちを除いて、まだ人もいない。まあ、30分前だから当たり前よね。

 

そして着いて早々目に入った、これ。

f:id:mizukifukuda08:20160821014550j:plain

そう、今日はマーク君3歳のお誕生日パーティー。

にしてもだ。明らかに特注の横断幕。両手広げても届かないくらいにデッカい。

こんなの作るんだ・・・!!!! 

気になったのでそれとなく聞いてみる。

 

 

"フィリピンだとこれってあたりまえなの?"

 

"そうね、みんな作るわね。誕生日にはこうして子どもの写真を送って作ってもらうの"

 

"へえ~あたりまえなんだ・・・。作ってもらうのって、いくらぐらい?高いよね"

 

"そうね~だいたい100ペソくらいよ"

 

"はぁあぇえ100ペソ?!?!?!うそでしょぉお"

 

フィリピンでは子どもの誕生日にこうして子供の写真と何かしらのキャラクターが印刷された大きな横断幕が飾られるのはどうやら本当らしい。

別の子の誕生日にも横断幕がどこかしらには貼られていたのを何回か見た。キャラクターはだいたいディズニー。

そして、一番驚くのがその安さ。

100ペソは日本でいうと220円くらい。(2016年8月現在)

フィリピンやっす!!!!!!!

 

そもそもこういうの作ってくれる業者と需要があるのがすごいところ。

 

f:id:mizukifukuda08:20160821032539j:plain

 

そうこうしてるうちに3時になったけど誰も来ない。始まるの、3時じゃなかったっけ?

このパーティーの主役のマーク君も見当たらない。彼は一体どこにいるのだろう。

どうしたんだろうな~と思いながらも、待つこと30分。

成り行きを見守っていると今回招待してくれた学校の先生であり、主催のマーク君のお母さんアイーシャが必死に電話をかけている。

 

"アイーシャ、なにがあったの?"

 

"料理を頼んでいるのだけど、料理を乗せた車がどうも迷ったみたいね~"

 

"えぇ~~~"

 

"料理は1時半に完成してるっていってたのに冷めちゃうわよね~"

 

・・・いやーほんとよ今3時半だから、2時間も前じゃないの~。

本当は2時には届いている予定だったらしい。

どうやらアイーシャも困っている様子で、しきりに電話をかけ直している。

 

まだまだ時間がかかりそうだなと思った矢先、近くに動物園があるから見に行きましょう!と他の先生が誘ってくれたので行くことに。

f:id:mizukifukuda08:20160821035542j:plain

 

イーグル??なにそれエィ~グルよ、と動物園でも発音を矯正されながらワシをみると滅茶苦茶ふあふあでかわいい。

林の中にある動物園だったが一通り見てみると、飼われている動物は

 

『シカ、サル、ワシ、よくわからん鳥、ウサギ、蛇』

という偏りカオス満載動物園だったことが判明した。

そんなカオス感をしっかり満喫したのち、そろそろかな~と4時半前にもどる。

 

f:id:mizukifukuda08:20160821040635j:plain

パーティーが始まる気配はまだまだ無さそう。

 

でも、人がだいぶ増えている!!誰も、時間どおりに来てなかったけれども!

そしてやっと料理が届いていた。これも1時間半遅れだけどね!!!!!!

 

f:id:mizukifukuda08:20160821014459j:plain

f:id:mizukifukuda08:20160821014528j:plain

 

フィリピンの豪華な料理たちの定番メニューが出揃う出揃う!!

野菜率5%(今回はニンジン)がフィリピン料理の特徴で、のこりの95%は肉と炭水化物が占めている。さすがに慣れた。

そしてなにより一番に目に付くのは豚の丸焼き、"レチョン"。

フィリピンではレチョンはお祝い事には絶対欠かせない人気国民料理。

内臓を全て取り出し香草をかわりに詰めて、そして身体に棒を一刺し!

本当に数時間かけて、くるくる回して丸焼きをするのである。

 

適度に塩加減の効いた皮はパリパリで、身と一緒に食べると噛みごたえのある中でジンワ~~っと広がり、それはもう肉本来の旨味を存分に堪能できてしまう。

口の中の小世界は止まることなく、次から次へと頬張ってしまいたくなる。

f:id:mizukifukuda08:20160821151314j:plain

(この写真は別のフィエスタの時の特大レチョン)

 

食べる前にフィリピンの人たちは、皆お祈りの言葉をささげてからレチョンを戴く。 

美味しそうなご馳走たち。しかしこのご馳走にありつけるのはまだまだ、先の話である。

 

料理は着いた。お腹もすいた。人もやや集まってきた。音楽もやたら爆音で流し始めた。

しかしアイーシャはまだまだ電話を手放せない様子。現在5時前。

ついウトウト寝そうになっているとアイーシャが何が起きているのか教えてくれた。

 

"今日はお母さんに息子を預けているのだけれど、連絡が全く取れないの。もう1時間以上も!"

 

・・・確かに今日の主役マーク君なしにパーティーを始めることはできない。一番大事なことを忘れていた!!

話を聞けばマーク君にはサプライズでパーティーの準備をしていて、今日はアイーシャのお母さんにその旨を伝えて預かってもらっていたらしい。

お母さん、今日のこと知ってるはずなのにどこ行っちゃったんだろうか。

大変だね~と話しているとアイーシャも笑いだす。

 

"これがフィリピンタイムよ、あはは!!!"

 

 

フィリピンタイム。これは確実に存在する。

とにかく時間の概念がゆるいのなんの。陽気なフィリピン人の国民性ならではで、レストランの開店時刻も日替わりだし、レジの動作もとてもゆっく~りだったりする。

日本じゃ正直ハリ飛ばされる時間感覚だが、逆に言えば皆ゆるいので多少のことで問い詰められることもそうそうない。 ありがたい。まあ今回はいつも以上だけどね。

 

f:id:mizukifukuda08:20160821014518j:plain

気が付けばどっから来たのか子供たちも沢山いる。

カメラを向けるといい笑顔を向けてくれる彼らを眺めながら、パーティーの開始予定時刻が3時だったことを思い出す。あぁひまだ・・・ひま・・・ひま・・・

このとき時刻は6時前。

なんだかんだ3時間も経ち、これはもしかしてディズニーランドのアトラクション並み、いやそれ以上じゃないのかということに気がついたころ・・・。

やっと。

 

 

やっと。

 

 

 

やっと!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

主役のマーク君そして、

f:id:mizukifukuda08:20160822002527j:plain

 

ド派手な青色のケーキが届いた。

 

f:id:mizukifukuda08:20160821014542j:plain

f:id:mizukifukuda08:20160821014545j:plain

 ミッキー???

 

 

 

そして集まった皆でフィリピン式ハッピーバースデーを歌い、

f:id:mizukifukuda08:20160821014439j:plain

時刻は6時過ぎ。

3時間遅れでようやく、パーティーがはじまったのであった。

 

f:id:mizukifukuda08:20160822020206j:plain

ご飯を食べた後は、ゲームの時間。

スイカ割りのようなルールで、スイカの変わりにお菓子をつるして順に探し当てるゲームは、かつてないはしゃぎっぷり。

洗面器に入った小麦粉に顔をつっこんで1ペソを探したり、ツイストゲームを新聞でやったり・・・。そしてダンス大好きフィリピン人はそれは踊る踊る。

写真が暗くて撮り切れなかったのが残念だ。

こどもたちだけではなくまわりの大人たちも、思い思いにみんなパーティーを楽しんでいた。

 

 

 

結局180分も待ちぼうけしてわかったこと

 

待っている間というのは、ぶっちゃけ苦痛でしかなかった。

いつはじまるのかも、なんではじまらないのかも全くわからない。

でもいざパーティーがはじまると、待っていた時のことはあっという間に忘れてしまった。

それに誰も待っている間も苛立っていなかったし、

はじまってからは大人も子供もご飯を思いっきり食べて、そして全力であそぶ。

パーティー自体を楽しんだのは1時間ちょっと。待っていた時間の半分もいかない。

でもよくよく考えればディズニーのアトラクションだって、楽しむ時間は待つ時間に比べて遥かに短い。

けれども退屈な待ち時間も、楽しい時間が来ればそれもアトラクションのひとつになる。

 

アイーシャが何カ月も前からこの日のために、お金を貯めようとに必死に働いていたのを知っている。

そして当日は来た人たちに楽しんで貰うために、何より子どもに喜んでもらうために豪華な食事にも一切手を付けずに気を配りつづけるアイーシャと、旦那さん。

来た人たちは皆でハッピーバースデーを恥ずかしがることなく大合唱する。

全力でマーク君の誕生日を一緒に楽しんでお祝いする。

 

 

なんて、あたたかいんだろうか。

フィリピンの人たちの底抜けの明るさと家族愛が、一気に身体に沁みこんでくる。

慣れたとはいえ苦痛で退屈だったはずのフィリピンタイムは今日、色んな人の慈愛に満ちた180分になった。

どこかで時間をただ守ることを気にしていた自分が、一気にばからしくなった。

 

 

 

 

楽しい時間は来る。それまでは、長くても悠々とした気持ちで時間を感じること。

焦ることはなくて、その時間が来れば全力で楽しめばいいのだ。

フィリピンのパーティーとフィリピンタイムは、ディズニーのアトラクションとおんなじだった。

 

 

f:id:mizukifukuda08:20160822023631j:plain

おめでとう!素敵な1年になりますように。